関東への1枠を懸けて、21日から始まったプリンス関東参入決定戦。
 
1都7県のリーグチャンピオンが山梨は昭和町・押原公園グラウンドに集い、
 
熾烈な戦いをスタートさせています。
 
 
 
ここでも何回か紹介させていただいた
 
Tリーグというのが東京の通年で行われるリーグ戦。
 
その中でも1部相当のT1リーグチャンピオンが
 
山梨へ乗り込む権利を獲得するわけですが、
 
その王座に今年輝いたのは横河武蔵野FCユース。
 
トップチームがJFLに所属している、
 
括りとしてはいわゆる“街クラブ”が東京を制しました。
 
 
 
横河武蔵野FCユースと言っても耳馴染みのない方が
 
多いかもしれませんが侮るなかれ。
 
新人戦に当たるU-17東京クラブユース選手権では
 
プリンス関東1部所属のFC東京U-18と、
 
その1つ上のカテゴリーであるプレミアEAST所属の
 
三菱養和SCユースを相次いで撃破。
 
夏のクラブユース選手権では、
 
関東予選で結果的に全国制覇を成し遂げる横浜FMユースと
 
互角に近い戦いを繰り広げるなど、
 
その実力は都内でもかなり認められていたのは間違いありません。
 
 
 
1回戦の相手は茨城王者の水戸商業。
 
当然通年の厳しいリーグを勝ち抜いてきたライバルだけに、
 
なかなか難しいゲームを強いられましたが、
 
前半の先制点と終了間際の追加点で2-0と勝利。
 
明日の準決勝へと駒を進めました。
 
 
 
22日の準決勝を経て、決勝が行われるのは24日のクリスマス・イヴ。
 
果たしてどのチームが最高のクリスマスプレゼントを
 
お世話になった監督やコーチ、
 
そして何より選手を支え続けた保護者の皆さんに捧げられるのか。
 
その“8分の1”が横河武蔵野ユースになる可能性は
 
決して低くないと思います。
 
 
 
24日の11時キックオフが正真正銘のファイナル。。
 
今日と同じ押原公園グラウンドで
 
真の関東王者が決定します。
 
 
oshihara1221
 
写真は周囲の景色良過ぎの押原公園グラウンドです。


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts