コロンビアリーグの決勝を取材するため、リーグを運営しているディマジョールへ足を運んだ。
 
事前にメールと電話で話を通してあったが、「なんで、ここに来たんだ」と驚かれた。
 
試合はメデジンだからなのだが、ホルヘはボゴタのディマジョールで取材パスを受け取るつもりで行ったのだ。
 
しかし広報部長のフアン・ラウルによると、1試合だけだから取材パスは不要で、
 
A・ナシオナルに伝えてあるから、スタジアムへ行けば入れるようになっているとのこと。
 
 
 
しかし、土産を渡したりインタビューをしたりと、2日に渡って充実した時間を過ごした。
 
土産はたいしたものではない。原宿は竹下通りの100円ショップで、
 
外国人観光客向けに売られている和柄の小物だ。
 
しかしこんなものでも結構喜んでくれる。
 
お返しに、フォルタレーサというチームのパンツをくれた。
 
 
 
このフォルタレーサは、創立3年で今年1部に昇格したチーム。
 
このパンツは試合用のちゃんとしたもので、FSSという国内では知られたメーカーが作っている。
 
しかし洗濯のタグを見ると、ポリエステル100%なのに「手洗い」のうえ「日陰干し」となっている。
 
不思議だ。
 
 
 
コロンビアリーグは、リーグといっても最後は2チームでの決勝が行われる。
 
今回のカードはメデジンのA・ナシオナルとバランキージャのジュニオール。
 
第2戦のためメデジンへ飛んだが、チケットやホテルは旅行代理店に頼んだ。
 
どちらもネットで予約や購入できるし、そのほうが安い。
 
しかし、ある作戦が閃いて代理店を通した。
 
その作戦とは、スタジアムに歩いて行けるホテルに泊まること。
 
試合後の公共交通はすし詰めで、タクシーをつかまえるのもほぼ不可能。
 
以前メデジンで大変な思いをしたことがある。
 
そこで、徒歩圏のホテルという注文を代理店にした。
 
この作戦は見事に成功。
 
スタジアムのある公園の真ん前のホテルに泊まることができた。
 
この作戦、なんで今まで気が付かなかったのだろう。
 
 
 
試合は見ごたえのある激戦だった。
 
アディショナルタイムの最後の最後にA・ナシオナルのゴールが決まり2-1で勝利。
 
第1戦はジュニオールが1-0で勝ったのでトータル2-2でPK戦となり、
 
GKが2本を止めたA・ナシオナルが優勝した。
 
 
DSC_0204

DSC_0433


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts