今年もインターハイの季節がやってきます。
今回の舞台はなんと沖縄!
この場所を聞いただけでソワソワしてしまうような
何とも魅力的な大会が予想されますが
地区予選で2つのある高校が
全国初出場を決めています。
 
 
1つは千葉の日体大柏。
近年は県内でも上位進出の常連であり
その実力は認められていましたが
今回は市立船橋に流通経済大柏と
千葉の高校サッカーを牽引し続けている
2校を揃って撃破しての全国出場だけに
よりその価値も高かったと言えそうです。
 
 
特に流通経済大柏とのファイナルは
開始早々に2点を先制されながら
後半に2点を返して同点に。
その後、突き放されたものの
後半アディショナルタイムにPKで追い付き
最後は延長後半アディショナルタイムの
決勝ゴールで全国を決めるという
信じられないくらいドラマチックな勝ち方!
各ポジションに好選手を配しており
全国での躍進にも大いに期待したいなと。
 
 
もう1つは東京の大成。
こちらも都内では上位をうかがってきた高校で
昨年度は選手権予選でファイナルまで進出。
その時のレギュラーが半分以上残っており
今年も期待されていたチームでした。
 
 
大成が全国をかけて戦った
セミファイナルの相手は帝京。
名門として知られるカナリア軍団も
実は9年ぶりの全国出場を目指しており気合は十分。
白熱した試合はPK戦へ突入します。
9人目までもつれ込む中、
先攻の帝京のキックはクロスバーに。
後攻の大成は2年生センターバックが
きっちり沈めてゲームに決着。
9人全員がPKを成功させた大成が
初めての全国切符を手繰り寄せたのです!
 
 
インターハイは夏休みという時期もあって
思い出に強く残る大会。
僕もインターハイでの全国を経験していますが
いまだに当時のチームメイトと集まると
その時の話題で盛り上がります。
僕らは京都インターハイだったので
場所も修学旅行っぽくて
良かったんですよねえ(笑)
 
 
日体大柏と大成の皆さんには
是非一生の思い出を沖縄の夏で
作ってきてほしいと思います!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts