危険なゴルフコース

先日、MULTI MARという海運会社主催のゴルフ大会があった。   取引先を招待しての接待なので、グリーンフィーはもちろん呑み食いもすべてタダ。   なんでもこの会社、以前は日本の海運大手の支社だったらしい。   その関係で取引先には日本企業が多く、知り合いの日系人社長も顧客になっている。   大会は通常のメダルプレー(個人戦)の他に4人1組のグループ戦もあり、その頭数合わせでホルヘも呼ばれたのだ。...

在亜日本人会

先週の土曜日、在亜日本人会会館でバザーが行われた。   この会館はセントロの外れで、タンゴで有名なサンテルモ地区のすぐ近くにある。   普段は空手、柔道、生け花、日本語などのスポーツやカルチャーの教室が開かれている。       またこの会館には日本レストランもある。   以前は日本人会という公的団体の直営だったため、利益を追求せず税金面でも優遇されていたので安かった。   しかし現在は民間に...

投票日

先日は、アルゼンチンの国政選挙投票日だった。   この国では、投票は義務。   投票しないと罰があるというが、具体的にどのような罰を受けるのかは知られていない。   人によって言うことがまちまちだ。       仕事の都合などで登録してある住所に住んでいなくても、400km離れていなければ、   投票のために戻って来なければならない。   400km以上離れている場合は、警察でその証明をし...
article placeholder

ピンクのボカ

オードリー春日の影響も多少はあるのか、日本では数年前からピンクのメンズファッションが広まった。   アルゼンチンでも昨年から、ピンクのTシャツやポロシャツを着る男性を見かけるようになった。       しかし基本的に南米では、ピンクは女性の色という固定観念が強い。   10月の第3日曜日、アルゼンチンは母の日だったが、国内リーグの審判団は、   背中に大きく「母の日おめでとう」と書かれたピンク色のシャツを着用した。 ...
article placeholder

ペルーの源三2

15日にW杯南米予選の最終第18節が行われ、   1位から4位に入ったアルゼンチン、コロンビア、チリ、エクアドルが出場権を獲得。   ウルグアイは5位で、またもやプレーオフを戦うことになった。   コロンビアは1998年フランス大会以来の返り咲き。   引き分けで予選突破となる第17節では、ホームでチリに前半0-3とされるが、   奇跡の同点劇で念願を果たした。       コロンビアとエクアドルは隣国で何かと縁が深...
article placeholder

いつもと違うスーペルクラシコ

この前の日曜日にリーベル対ボカのスーペルクラシコが行われた。   昨季は、ビアンチが監督に復帰しながら大不振だったボカは、   ここまで5勝1分け3敗の勝ち点16。   今季ベレスから加入した代表のガゴと大黒柱リケルメの2人が故障で戦列を離れることが多く、   2節前からやっと両輪が揃った。       一方のリーベルはコロンビア代表FWのグティエレスや   パラグアイ代表MFファブロを獲得したが、得点力が今一つ。 ...
article placeholder

居酒屋ホルヘ

久しぶりに、そして2週続けて客人を家に招いて料理の腕をふるった。   いずれも名目は送別会だが。   目的は集まって酒を呑もうということで、ようするに居酒屋ホルヘが開店したということだ。   初めの週は女性のタンゴダンサーで、7月に行われたタンゴフェスティバルでは決勝に進出した。   他にもタンゴ修業中の女性2名がやって来た。       翌日が「春の日」ということで、ご飯はちらし寿司にした。   ニンジン、シイタケ...
article placeholder

高速道路

高速道路料金所のETCは、アルゼンチンの方が日本より相当早く設置された。   ホルヘのアミーゴである日系1世によると、日本から来た親戚を乗せてETCを通ったら、   「なんで、料金を払わないんだ」と訊かれ、   「俺は有名だから、顔パスなんだ」と応えたら、本気にして驚いていたという。       そのアミーゴにすれば、先進国の日本がアルゼンチンより遅れていることのほうが驚きだった。   もっともこれは技術的問題ではな...
article placeholder

歌祭りと花束

IOC総会の少し前、ラプラタの日本人会々館で歌祭りがあった。   歌祭りといっても、実際は勝敗を競う歌合戦。   となると審査員が必要なわけで、ホルヘは今回もその大役を仰せつかった。       アルゼンチンの中にはいくつもの日本人会があり、個人戦と団体戦で争われる歌祭りに、   それらが精鋭を送り込んできた。その数70名以上。       まずは団体戦で、一度の小休憩を挟んでこの70余名が歌う。   歌の2番までで...
article placeholder

五輪招致の会見と祝勝会

以前にも書いたが、ブエノスアイレス市には無料の貸し出し自転車がある。   身分証明書など必要書類を揃えて登録すると、自転車ステーションで自転車を借りられる。   返却は、どこのステーションでも構わない。   ちなみに現在ステーションは57か所ある。       IOC総会中、ホルヘは東京招致委員会のあるホテルまで毎日通った。   家の近くにもホテルの近くにも自転車ステーションがあるので、これは都合がいい。   しかし...