PVと街頭観戦

アルゼンチン対スイスをPVで観戦してきた。   場所はレティーロ駅を見下ろす高台にあるサンマルティン広場。   サンマルティンとは独立戦争の英雄で、どこの街にも、といっていいほど、彼の名前が冠せられた道や公園がある。   アルゼンチンで普及しているカーナビの多くは、目的地の正確な住所を入力しないと作動しないらしい。   そこで知らない街や市に行く場合は、「○○市、サンマルティン100番」と入れれば、 ...

因縁のモンドラゴン

コロンビア戦の1-4というスコアは、全く予想外のものだった。   これは日本だけでなく、コロンビアでも同じこと。   5月にコロンビアへ取材に行った際、100人を対象に勝敗とスコアのアンケートを行った。   サッカー協会関係者、サッカー記者、高校生年代のサッカー選手、A・ナシオナルのサポーター、   建設作業員、大学生、警官、会社員、通行人などさまざまな人たちに訊きまくった。       呑み...

初体験ルールの落とし穴

W杯真っ盛りだというのにゴルフの話で申し訳ないが、先日のコンペで面白い経験をした。   ブラジルのパラナ州で豪雨被害があり、イグアスの滝の水量は過去最高を記録したという。   サンパウロは水不足と聞いたものの、その他の場所では雨が多いようだ。   隣国のアルゼンチンも最近は雨がよく降る。   そのおかげで、ゴルフ場もグチャグチャだ。       フェアウェイの状態が悪いときは、ゴルフ場がローカ...

コロンビア対ヨルダン

6月6日に行われたコロンビア対ヨルダンは3-0でコロンビアの勝利。   仮想日本として選ばれたヨルダンは、終始守勢を強いられた。   前半だけでCKは7回。   そこからゴールは生まれなかったが、空中戦はほとんどコロンビアが制し、惜しいシュートが3本あった。   セットプレーからのジェペスらのヘッドは要注意だ。         ヨルダンがゴール前を固めていたためなかなか得点にならず、先制...

アルゼンチン壮行試合

アルゼンチン代表の壮行試合、トリニダード・トバゴ戦が行われた。   この試合でアルゼンチンンはセカンドユニホームを着用。   これまでサブは紺色という感じだったが、今回のモデルは肩など上部に紺が入っているものの、明らかな青色。   まるで以前の日本代表のようだ。       試合は一方的に優勢だったものの、ラベッシやパラシオが外しまくり、前半ロスタイムにやっと1点目を挙げた。   後半さらに2...

コロンビアリーグ決勝

コロンビアリーグの決勝を取材するため、リーグを運営しているディマジョールへ足を運んだ。   事前にメールと電話で話を通してあったが、「なんで、ここに来たんだ」と驚かれた。   試合はメデジンだからなのだが、ホルヘはボゴタのディマジョールで取材パスを受け取るつもりで行ったのだ。   しかし広報部長のフアン・ラウルによると、1試合だけだから取材パスは不要で、   A・ナシオナルに伝えてあるから、スタジアム...

コロンビア着

コロンビアにやってきた。   国内リーグは最後が2チームによる決勝戦になるので、それに日程を合わせた。   第1レグが14日で第2レグは18日の日曜日。       ボゴタのミジョナリオスとサンタフェのどちらか、あるいは両方が決勝に残る可能性が高かったので、   14日にボゴタに着いても、運が良ければ第1レグを取材できる。   そう思い、14日着の21日発で1週間前にエアーチケットを購入した。...

キルメス

Jリーグではサガン鳥栖が首位と好調だが、アルゼンチンでも今期はゴドイクルス、ヒムナシアという   リーグの優勝経験がないクラブが健闘している。   元アビスパ福岡のトログリオが指揮するヒムナシアは、残り2節でリーベルと同勝ち点の首位に立っていた。       第18節、ヒムナシアはアウェイでキルメスと対戦。   キルメスは、キルメスという街にある国内最大のビール会社キルメスがオーナーのクラブで、 ...

アルゼンチンも連休

アルゼンチンも5月1日から4日まで連休だった。   1日の木曜日がメーデーの祝日で金曜日を挟んで土日となるため、   金曜日をプエンテ(橋)と呼ぶ臨時の休日にした。   アルゼンチンでは以前から、日本の成人の日や体育の日のように祝日を月曜日に移動させている。   しかし、革命記念日や独立記念日などの重要な祝日は移動させない。   メーデーも国際的祝日ということで移動させないのだが、それほどの日が、...

今季初ゲーム

アルゼンチンに着いてほぼ1か月が経った先日、今年初めてこちらでサッカーをした。   仕切り人は日本人の日本語教師で、メンバーは彼の教え子や知人が中心。   アルゼンチン人はユニホームの色分けなど無頓着なので、ゲームで敵か味方か分からず苦労することが多い。   しかしこの教師の仕切りは完璧で、ちゃんと事前に個別連絡をし、   「白系のシャツを持ってこい」「おまえは青系チーム」と調整してくれる。   ...