J SPORTSのJリーグ中継は東京を起点にして、全国中の各会場へ出演者、スタッフで移動していきます。
 
中継はJ1のみをお届けしているので、今シーズンで言えば、北は仙台から南は鳥栖まで、
 
新幹線や飛行機で毎週末に移動を繰り返し、皆さんへ中継を送り届けているわけです。
 
 
 
実はもう今シーズン、J1全18クラブのホームスタジアムは制覇しちゃいました!
 
開幕戦でベストアメニティスタジアムにも行きましたし、
 
ノエビアスタジアム神戸やエディオンスタジアム広島も訪問済み。
 
昇格してきた徳島のホームスタジアム、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムには
 
既に3回も行っちゃってます(笑)
 
 
 
そんな中で個人的な楽しみはいわゆる“遠征”。
 
大阪や神戸、広島、徳島、鳥栖などなかなか日帰りでは厳しい会場に行くのを
 
僕は非常に楽しみにしているんです。
 
まあ、もちろん出演者の皆さんやスタッフと一緒に
 
サッカー談義をしながら食事をするのも大きな楽しみの1つではあるんですけど、
 
それと同じくらい楽しみなのは翌日どこの会場へ試合を見に行けるかなというのを
 
猛リサーチしながらスケジューリングすること。
 
これが最高に楽しいんですよ(笑)
 
 
 
せっかくの“遠征”ですから、中継だけで帰京してしまうのはあまりにも勿体無いというもの。
 
高校、大学、社会人、JFL、J2、J3。
 
普段はなかなか行く機会のないスタジアムに赴き、普段はなかなか見る機会のないチームを見ると。
 
こんな楽しいことが他にあるでしょうか?
 
そして、そんな時間を想像しながらスケジュールを組むと。
 
こんな楽しいことが他にあるでしょうか?(笑)
 
 
 
ここ最近は夏場でナイトゲームが多かったこともあり、
 
“遠征”が続いていたため、色々なスタジアムを訪れ、色々なチームを取材させてもらいました。
 
8月は沼津の愛鷹へ。
 
JFLからJ3を目指しているアスルクラロ沼津を取り巻く熱量や、
 
同じくJ3昇格を狙うレノファ山口FCの本気度に新たな刺激をもらうことができました。
 
先週末は和歌山の橋本へ。
 
こちらは地域リーグからJFLを目指している奈良クラブの選手や監督、サポーターの上昇志向に触れ、
 
同様にJFL、そしてJリーグを目指すサウルコス福井の変わりつつあるという環境についても
 
監督から貴重なお話を伺うことができました。
 
 
 
やはりスタジアムへ赴かないと得られないものというのは本当に多いと思います。
 
数々の幸運な出会いに感謝しつつ、これからも全国の色々な“現場”へ
 
足を運びたいなと改めて感じています。
 
 
 
141001DSC_0484
写真は橋本駅で見つけたオブジェです!


About The Author

土屋 雅史

サッカー界のオモシロご長寿番組「Foot!」でディレクターを務めた後、制作部プロデューサーへ(昇進か?)。 国内外問わずのサッカー全般に関する知識はハンパなく、gol.界隈では「博士」の称号を得ている知識人。 スタジアムから土のグラウンドのピッチ横までジャンルを問わないサッカー観戦と、テレビ前でのサッカーウォッチングツアーはお勤めの会社への忠誠心だけではないはず! そこにはサッカーへのLOVEがある!溢れる知識と独自のサッカー観であなたの「観るサッカー」に彩りをそえちゃいます!

Related Posts