ホルヘはまったく興味ないのだが、世の中には自動車好きな人が多い。
 
そして、こうしたマニアのための自動車雑誌やテレビ番組がある。
 
イギリスのBBC放送では「トップギア」という番組を放映していて、なかなかの人気らしい。
 
ところがその番組がアルゼンチンでロケを行って物議をかもした。
 
 
 
自動車番組なので、主役は自動車。
 
ロータス、ポルシェ、ムスタングの3台が、アルゼンチン最南端のウシュアイアを疾走するという内容。
 
そういえば、最近は「マスタング」というのが正しいらしいが、
 
長年耳にしていたムスタングのほうが落ち着くので、そう書く。
 
3台のスポーツカーはいずれもニューモデルではなく、約30年前のもの。
 
なぜ、こんな中途半端な中古車を使うのか。
 
 
 
この3台はチリから陸路でウシュアイアへ入ってきた。
 
ナンバープレートはイギリスのものが付いている。
 
そしてロータスのナンバーは、「H982FLD」となっていた。
 
FLDとはフォークランドのナンバー。
 
フォークランドはスペイン語でマルビーナスといい、
 
イギリスとアルゼンチンで領土権を争い、戦争にまでなった諸島だ。
 
 
 
国際的にはイギリス領土だが、アルゼンチンはそれを認めていない。
 
そしてこの諸島は、ウシュアイアから目と鼻の先にある。
 
 
 
世にいうフォークランド戦争(紛争)が起こったのは1982年のこと。
 
ロータスのナンバーH982FLDはまさにそれを思い起こさせる。
 
ポルシェとムスタングのナンバーは、両国の戦死者数に結びつくものだった。
 
約30年落ちの自動車というのも、戦後32年とぴったり当てはまる。
 
 
 
これに気づいた地元民は激怒し、投石でロータスのウィンドーを破壊。
 
州知事も事態を重く見て、撮影スタッフへ州外退去を要請した。
 
これは命令でなく要請だが、BBC側はこれを素直に受け入れたうえ、謝罪のコメントを残して帰途についた。
 
 
 
BBCといえばイギリスの公共放送。今回はやりすぎで失敗したが、
 
自動車番組の姿を借りてフォークランド問題をパロディにするとは、なかなかの思いつきだ。
 
日本の公共放送NHKにも、是非がんばってもらいたい。


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts