ホルヘは今回のコパ・アメリカで、初めてコンドミニアムというものに泊まった。

ホテルの予約サイトに日程を入れて検索をクリックしたら、アパートホテルが数件出てきた。

アパートホテルというのはダイニングキッチンが付いたホテルで、長期滞在に向いている。

ベッドルームだけの一般のホテルは、テーブルが小さくて仕事がしにくいことが多い。

そこで、オリゾン・グループ・アマートメントというのを、おかしな名前だと思いながら予約した。

空港からは、相乗りのバン。

運転手に住所を告げていざその場所に着くと、ホテルらしき看板はなく、

大きな鉄の門扉が閉ざされたビルだった。

アパートホテルだと思い込んでいたので、「こんなはずはない」と驚いたが、

守衛に訊いて初めて、そこがコンドミニアムだということを知った。

22階と19階の二棟からなる立派な建物で、場所はオフィス街。

旧市街の中心であるアルマス広場まで3ブロック半、

昔の要塞だったサンタ・ルシアの丘まで1ブロック。

コンドミニアムというのは、ビーチやスキー場などのリゾート地にあるものだとばかり思っていた。

各階15部屋なのでビル全体では相当数あるが、オリゾン・グループが管理しているのは55部屋だとか。

残りは、他の会社が管理している。

ホテルのようなフロントはなく、ビル内の一室のオフィスへ行ってチェックインする。

ホルヘが着いたのは夜中だったので、守衛からもらった鍵で部屋へ入り、翌日チェックインした。

部屋は完全なマンションで、2人分の食器と大小の鍋、フライパン、4つ口コンロ、オーブン、

電子レンジ、トースター、コーヒーメーカーと揃っているが、まな板と包丁がない。

日本では両方とも100円ショップで購入できる。

しかしチリでは100均のような店がなく、ある程度の金額となる。

はじめの3日間は外食とテイクアウトだったので、残りの約10日間のために買うのはもったいない。

そこで、食材は食事用のナイフで切れるものだけとし、ちゃんとした料理をするのはあきらめた。

ビルの1階には大型スーパーがあり、カット野菜が何種類も売られている。

旅行中は野菜不足になりがちなので、毎日のように大盛りサラダを食べた。

ホルヘはこれまで、オリーブオイルというものを買ったことがない。

理由は、値段が高いからだ。しかし今回は10日間だけなので、容量の少ないオリーブオイルを購入。

そして、これにはまった。

サラダやパスタにドバドバかけ、アルゼンチンに戻ってからも早速買った。

食材が限られるのでメニューも毎日似たり寄ったりだったが、

くつろいでチリ産のワインを飲みながら食べる夕食は、至福のひと時だった。

DSC01661

DSC01692


About The Author

ホルヘ三村

ラテンのフットボールを愛し、現在はgol.アルゼンチン支局長として首都ブエノスアイレスに拠点を置き、コパリベルタドーレス、コパアメリカ、ワールドカップ予選や各国のローカルリーグを取材し世界のメディアに情報を発信する国際派フォトジャーナリスト。 取材先の南米各国では、現地のセニョリータとの密接な交流を企でては失敗を重ねているが、酒を中心としたナイトライフには造詣が深い。 ヘディングはダメ。左足で蹴れないという二重苦プレーヤーながら、美味い酒を呑むためにボールを追い回している。 女性とアルコールとフットボールの日々を送る、尊敬すべき人生の達観者。

Related Posts