快適な宿

ホルヘは今回のコパ・アメリカで、初めてコンドミニアムというものに泊まった。 ホテルの予約サイトに日程を入れて検索をクリックしたら、アパートホテルが数件出てきた。 アパートホテルというのはダイニングキッチンが付いたホテルで、長期滞在に向いている。 ベッドルームだけの一般のホテルは、テーブルが小さくて仕事がしにくいことが多い。 そこで、オリゾン・グループ・アマートメントというのを、おかしな名前だと...

チチチ レレレ

チリとアルゼンチンは南部の国境線をめぐり領土問題を抱えていた。   20世紀初頭には、あわや開戦という緊迫した時期もあったという。   アルゼンチンはイタリアの造船所に軍艦を発注し軍備を増強。   しかし政治的に決着し、戦争の危機は避けられた。   そしてその軍艦のうち2隻は日本に売られ、最新型巡洋艦として日露戦争の日本海海戦に出撃し、   バルチック艦隊撃破に貢献した。       とま...

取材パス危機

「コパ・アメリカにやってきた」の回で、苦労して取材パスを取ったものの、   ピッチへ入る段になって「それは記者席用のパスだ」と止められ、   会場責任者と話して、パスの担当者が間違えて渡したのだろう、   という結論に達し、無事中へ入れたと書いた。   しかし、それが担当者ハビエルの間違いでなかったことがわかった。       チリ対ペルーの準決勝を前に、取材許可者のリストが発表された。  ...

ハラフィーバー

ウルグアイのカバーニにカンチョーして怒らせ、狙い通り退場に追いやったチリのハラ。   国外からは恥知らずな行為だと非難され、被害をこうむったウルグアイ協会は   南米サッカー連盟の規律委員会に処分を求める提訴をした。   そして会議の結果、3試合の出場停止処分を科すと発表された。   しかしアルゼンチン人記者によると、   「会議なんか行われていない。規律委員会の会長はニューヨークで   副会...

イタリア広場

前回は大会運営側の不備により、取材パスの取得で苦労したことを書いたが、   このコパ・アメリカには、他にも「バカか」と思うようなことがあった。       大きな大会では、プレス用のバスが用意される。   他国や地方から来たプレスのため、スタジアムと市内中心地を往復する。   チリ対ウルグアイの後、ホルヘはこれを利用することにした。   宿まで徒歩10分ほどのイタリア広場まで行くというのだから...

コパ・アメリカにやってきた

6月23日の夜サンティアゴに着き、翌日のコパ・アメリカ準々決勝   第1試合チリ対ウルグアイに行ってきた。   ここまでの道のりが、実に長かった。       取材申請の受付は3月上旬に行われ、ホルヘは所定の方式に従って申請した。   しばらくするとユーザーネームとともに、今後の手続きを説明するメールが届いた。   申請が許可されたということだ。       ユーザーネームと自分で作っ...

命名騒動

20年ほど前に、「悪魔ちゃん事件」というのが世間の注目を集めた。 生まれた息子に「悪魔」と名付けて出生届を提出した親と、一度は受理したものの、 その名は不適切なので認めないとした行政が裁判で争った事件だった。 その後、娘に女性器の俗称を付けようとして問題になったケースもあった。 そのときの親が、「スペインやチリでは、女性器を指すコンチャやコンチータが 名前として使われている」と主張してい...

エンジンが!

早いもので今年も帰国のシーズンとなり、シドニーに立ち寄って帰ることにした。   チリのサンティアゴとニュージーランドのオークランド経由というややこしいルートで、   12日の夜ブエノスを出て、シドニー着は14日の朝という24時間を超える長旅となる(時差は10時間)。   空港内も禁煙だから、丸1日以上タバコが吸えない。   しかしそろそろ禁煙しようかと考えているので、予行練習にちょうどいいかもしれない...