イギータのツイート

開幕の第1節を無観客試合で行ったアルゼンチンのスーペルリーガは、第2節から無期限で延期となった。 4月一杯は無理のようだ。 コパ・リベルタドーレスも5月再開ということで中断中。 6月からのコパ・アメリカは来年へ延期されることとなった。     僅か1節で終わったスーペルリーガの無観客試合。 南米ではクラブへの制裁として、協会がホームでの無観客試合を命じることが多い。 したがって慣れているともいえるのだ...

南米にもコロナ禍

新型コロナの感染者が南米で初めて確認されたのは、2月26日のブラジルだった。 イタリアから帰国した男性が、南米の陽性第1号。 2番目はエクアドルの女性で、こちらはスペイン帰りだった。 そして3月8日に、アルゼンチンで南米初の死者が出た。 フランスに滞在していた、65歳で糖尿病の疾患をもつ男性が亡くなった。 しかしこの時点では、アルゼンチンはまだ落ち着いていた。 南米で最もコロナに対して敏感だったのはチリ。...

差別と迫害

新コロナ感染を疑われた日本人のグループが、ブンデスリーガの試合会場から退去させられたというニュースがあった。 ハンガリーでも日本人の団体が強制隔離されたり、シンガポール人が暴行されるなど、アジア系への迫害が起きている。 新コロナに対する恐怖が直接の引き金ながら、根本には差別意識もあるのだと思う。     昨年12月、ウィルスにも差別にも関係ない状態で、一人の男性が観戦中のスタジアムから強制退去させられた。 ...

南米の医療

プレミアリーグのトッテナムに所属する韓国のスター、ソン・フンミン。 2月18日に右腕を骨折した彼は、母国に戻って手術を受けた。 オペは成功し術後の経過も良好で一安心したが、新コロナ騒ぎに巻き込まれてクラブに戻れなくなってしまった。 イギリスがウィルス防止策として、汚染地域からの入国者を2週間隔離することを決定したからだ。 重要な戦力の早期合流を待ちわびていたモウリーニョ監督は、「どうにもならない」と天を仰いで...

リフレッシュ研修会

2月15日に、C級サッカーコーチのリフレッシュ研修会へ行ってきた。 日本協会の指導者カテゴリーは、Jリーグの監督ライセンスであるS級以下、A級(指導対象年代ごと3種類)、B級、C級、D級、キッズリーダーに分かれている。 C級以上はリフレッシュポイント制度というものがあり、リフレッシュ研修会を受講してポイントを獲得しないと資格を失効してしまう。     ホルヘが前々回受講したときの講師は、現なでしこジャパン監...

ミーム

本田が移籍したボタフォゴ。 リオデジャネイロの名門クラブで、サポーターの応援コールは、「ボタフォゴ・ウッ!ウッ・ウッ・ウッ!」だ。 リオといえばフルミネンセ対フラメンゴの“フルフラ対決”が有名だが、この両者にボタフォゴとバスコ・ダ・ガマが加わった4クラブの対戦が、カリオカ(リオっ子)を熱狂させるクラシコとなっている。 そしてボタフォゴ対フルミネンセのカードは「ボボー(おじいさん)・クラシコ」と呼ばれ、ブラジル最...

プレオリンピコ

現在コロンビアで、プレオリンピコと呼ばれる五輪南米予選が行われている。 頭に「プレ」がつくプレシーズンとかプレ大会は、準備とか予行という意味で使われることが多い。 したがって五輪予選がプレオリンピコ(=プレオリンピック)なのだが、W杯予選はエリミナトリアスで、プレムンディアル(=プレワールドカップ)とは呼ばない。 なぜか、五輪予選だけがプレオリンピコとなっている。     この大会に出場するのは10か国で...

日本一のスタグルとは!

スタジアムに行く目的は もちろんサッカーを見るため。 それはそうなんですけど、それに付随する 様々なものもスタジアムに足を運ぶ 要因になりますよね。     その様々なもの中でも スタジアムグルメ、通称“スタグル”を 楽しみにしてらっしゃる方も 少なくないのではないでしょうか。     香ばしい匂い。立ち上る湯気。 活気ある呼び込みの声。溢れる笑顔。 食は人を幸せな気分にさせることを ...

ドコモどーも

先日、方南町を歩いていたら、「痛風セット」という張り紙が目に飛び込んできた。 数年前に激しい膝の通風を患ったので、ホルヘは”痛風”という言葉に敏感だ。 居酒屋の宣伝のようだったので、プリン体ゼロのビールに冷奴、海藻サラダなどといった尿酸値を上げないセットなのかと思った。 しかし近づいて読んでみると、白子ポン酢とあん肝ポン酢にウニ、イクラというセットだった。 想像とは逆に、尿酸値を上げる食材ばかりの、「痛風にな...

世界に羽ばたく18歳~若月大和~

近年では果敢にも若くして 世界へと挑戦する選手が増えてきている 日本人のフットボーラーですが、 この冬にまた1人の若者が海を渡りました。     若月大和。18歳。 群馬県生まれ。群馬県育ち。 桐生第一高校でその技量を磨いた彼が 一躍世界の脚光を浴びたのが 昨年10月に開催された FIFA U-17ワールドカップ。 サッカー王国ブラジルを舞台にした 17歳以下の世界大会に 日の丸を背負って...