dsc_0044

チリ大好き

フランスで起きた日本人女子留学生失踪事件。 その容疑者として、国際指名手配されたのはチリ人だった。 日本とチリが関係する犯罪といえば、2001年に発覚した青森県住宅供給公社を舞台とした14億円横領事件。 横領犯の妻がチリ人のアニータ。 犯人は結婚前から大金を貢ぎ、彼女はその大部分をチリに移して大豪邸を建てたりしていた。 夫の横領を彼女が認識していたという証拠がなかったため罪には問われなかったが、「犯罪の陰に...
a

インフル来たか?

  3連休の真ん中の日曜日、午後から調子が悪かった。   何だかだるくて、力が入らない。   歩いても、明らかにいつもより歩幅が狭い。   きっと、傍から見たらトボトボという感じで歩いていたはずだ。       その後数時間で関節や筋肉が痛くなり、寒気が来たなと思ったら39度近い熱が出た。   風邪なのか、インフルエンザなのか。   ネットで調べると、倦怠感、筋肉・関節痛などインフル...
a

サンティアゴの丘

チリの首都サンティアゴの中心地に標高700メートルくらいの丘があり、ここが国立公園になっている。   敷地面積は722ヘクタールで、都心の公園としては世界第4位の大きさだという。       入口の近くには、丘の斜面を利用して造られた動物園がある。   ホルヘはこういったものが割と好きなので、約600円の入場料を払って入ってみた。   さして広くはないが、動物が間近に見られてなかなか面白かった。 ...
a

チリのお酒ピスコ

チリはワインが有名で、日本へもたくさん輸出されている。   聞くところによると、ヨーロッパでブドウの病気が蔓延し、ある人気種が絶滅したが、   遠く離れたチリは被害を免れその種が育っていたため、   それからこの国のワインが世界的に注目を集めるようになったそうだ。       需要が高まったことで生産技術も研究され、絶滅種という希少価値だけでなく、   ワインとしても一流品になった。   ...
a

チリの交通と魚介類

チリにはこれまで何度か行ったことはあるが、   W杯予選とかコパ・リベルタドーレスの試合を取材するだけだったので、1泊か2泊の滞在だった。   したがって街のことはよくわからず、移動はいつもタクシーだった。   今回はコパ・アメリカで約2週間サンティアゴにいたので、いろいろと新しい発見があった。       まず、街の綺麗さに感心した。タバコのポイ捨て文化は残っているが、路上にそれ以外のゴミはほと...
a

快適な宿

ホルヘは今回のコパ・アメリカで、初めてコンドミニアムというものに泊まった。 ホテルの予約サイトに日程を入れて検索をクリックしたら、アパートホテルが数件出てきた。 アパートホテルというのはダイニングキッチンが付いたホテルで、長期滞在に向いている。 ベッドルームだけの一般のホテルは、テーブルが小さくて仕事がしにくいことが多い。 そこで、オリゾン・グループ・アマートメントというのを、おかしな名前だと...
a

チチチ レレレ

チリとアルゼンチンは南部の国境線をめぐり領土問題を抱えていた。   20世紀初頭には、あわや開戦という緊迫した時期もあったという。   アルゼンチンはイタリアの造船所に軍艦を発注し軍備を増強。   しかし政治的に決着し、戦争の危機は避けられた。   そしてその軍艦のうち2隻は日本に売られ、最新型巡洋艦として日露戦争の日本海海戦に出撃し、   バルチック艦隊撃破に貢献した。       とま...
a

取材パス危機

「コパ・アメリカにやってきた」の回で、苦労して取材パスを取ったものの、   ピッチへ入る段になって「それは記者席用のパスだ」と止められ、   会場責任者と話して、パスの担当者が間違えて渡したのだろう、   という結論に達し、無事中へ入れたと書いた。   しかし、それが担当者ハビエルの間違いでなかったことがわかった。       チリ対ペルーの準決勝を前に、取材許可者のリストが発表された。  ...
a

ハラフィーバー

ウルグアイのカバーニにカンチョーして怒らせ、狙い通り退場に追いやったチリのハラ。   国外からは恥知らずな行為だと非難され、被害をこうむったウルグアイ協会は   南米サッカー連盟の規律委員会に処分を求める提訴をした。   そして会議の結果、3試合の出場停止処分を科すと発表された。   しかしアルゼンチン人記者によると、   「会議なんか行われていない。規律委員会の会長はニューヨークで   副会...
a

イタリア広場

前回は大会運営側の不備により、取材パスの取得で苦労したことを書いたが、   このコパ・アメリカには、他にも「バカか」と思うようなことがあった。       大きな大会では、プレス用のバスが用意される。   他国や地方から来たプレスのため、スタジアムと市内中心地を往復する。   チリ対ウルグアイの後、ホルヘはこれを利用することにした。   宿まで徒歩10分ほどのイタリア広場まで行くというのだから...