新ルール

ブラジルの優勝で幕を閉じたコパ・アメリカ。 準決勝でそのブラジルに敗れたアルゼンチンのメッシは、母国メディアのインタビューで、「不正だらけ。この大会はブラジルが勝つように仕組まれている」とCONMEBOLを痛烈に批判。 しかしこれが問題視され、最長で2年間の出場停止処分が下されるのではないかと心配されている。     それはさておき、今大会は新ルールが適用されたので、その主な改正点を記してみる。   ①...

準々と準決

コパ・アメリカの準々決勝は、アルゼンチンがベネズエラを2-0で下した以外は、いずれも0-0からのPK戦で、ブラジル(対パラグアイ)、チリ(対コロンビア)、ペルー(対ウルグアイ)が勝ち上がった。 そんな中、チリに思わぬ事態が発生した。 チリは自国開催の2015年大会でコパ・アメリカ初優勝を飾り、翌年の100周年記念大会も制覇。 これまでコパ・アメリカ3連覇はアルゼンチンが18回(1945年)~20回(47年)に達...

パルティダッソ

前回、コパ・アメリカに出場している日本代表は、できるだけ早く敗退してもらいたいと書いた。 これは、フロックで好成績を残してしまうと、五輪のための強化に悪影響を与えるとの思いからだ。 実力以上の成績を上げて慢心するのは最悪のシナリオだ。 現在の力量に相当する結果で大会を終え、この貴重な参戦の中から多くのものを学び、できることなら将来への明るい可能性を示してもらいたいと思っていた。     チリ戦は、まさにそ...

コパアメリカ開幕

いよいよコパ・アメリカが開幕。 今回は日本代表が出場するので、日本から多くの報道陣がやってくるためホルヘはお休み。 分をわきまえて、大手メディアと張り合う気はサラサラない。 そして日本代表にも、間違ってベスト4以上になどならないことを期待している。     南米の強豪がしのぎを削る大会で、ほんの30年ほど前から本格的にサッカーを始めたような国の、しかも若手チームが好成績を残すのは正しい姿ではない。 奇跡...

遊ぶ 投げる

大分で行われたベネズエラ戦は、大渋滞のせいで間に合わない観客が多く、スタンドに空席が目立つ中でのキックオフになったとか。 同日、アルゼンチンでもメキシコとのテストマッチが行われたが、こちらも観客の入りは悪かった。 会場は第二の都市コルドバながらチケットが全体の約6割しか売れず、当日券の値下げ、「保護者同伴の12歳以下の子供は無料」という措置をとったものの、満員には程遠かった。     現在のアルゼンチン代表...

メガ フィナル

コパ・リベルタドーレス準決勝の第2レグ。 ホームでの初戦を2-0としたボカは、パルメイラスと2-2で引き分けて決勝進出を果たした。 ホームゲームを0-1で落とし背水の陣となったリーベルは、グレミオに先制されながらも2-1で逆転勝利。 アウェイゴールシステムにより、奇跡的にファイナリストへとたどり着いた。     これで決勝戦はコパ・リベルタドーレス史上初となるボカ対リーベルのスーペルクラシコとなったが、実...

大詰めのコパ・リベルタドーレス

コパ・リベルタドーレスが大詰めに差し掛かってきた。 まずはグループリーグから振り返ろう。 今回強かったのはグループHのパルメイラス。 5勝1分けの好成績で早々と1位抜けを決めた。 これにより割を喰ったのは同グループのボカ。 コロンビアのジュニオールとの2位争いは最終節までもつれ込み、かろうじてベスト16入りを果たした。     グループCではパラグアイのリベルタが躍進。 勝ち点13で1位となり、古豪...

ビーチサッカー

日本滞在中の9月1日、ホルヘが住む杉並区に区立永福体育館がオープンした。 同名の体育館は以前からあったが、老朽化のため閉館し、廃校となった小学校の敷地に移転した。 完全な新築ではなく、小学校の建物を生かすべきところは生かしている。     この体育館の目玉は、砂が敷き詰められたビーチコートがあること。 屋外施設で、ビーチバレーとビーチサッカーの公式試合が行えるようになっている。 真っ白な砂はオーストラリ...

ボールボーイ

Jリーグ発足以前の日本サッカーリーグ(JSL)時代にもカップ戦があった。 ナビスコやルヴァンなどの冠名はなく、そのものズバリのJSLカップという名称。 後援が中日新聞社ということで、中部や東海地方での試合が多かった。 正確な記憶はないのだが、1988年頃の8月に準決勝あたりを取材に行った。 読売クラブ対フジタか日産だったと思う。 東京ヴェルディの前身である読売クラブは、当時、全盛期でとても魅力あるチームだっ...

グレミオ カンペオン

昨日、コパ・リベルタドーレス決勝戦のラヌース対グレミオに行ってきたが、今回は例年と違うことがいくつかあった。 まず戸惑ったのは、取材申請の方法。 アルゼンチンにはARGRAという報道カメラマン協会があり、取材者が殺到する試合では、ここが人数コントロールを行う。 代表の試合は協会に取材申請するものの、誰に許可を与えるかの判断は、ARGRAが実質的に行っている。 取材許可を与えるだけでなく、カメラマンの仕事がしや...