コロンビア着

コロンビアにやってきた。   国内リーグは最後が2チームによる決勝戦になるので、それに日程を合わせた。   第1レグが14日で第2レグは18日の日曜日。       ボゴタのミジョナリオスとサンタフェのどちらか、あるいは両方が決勝に残る可能性が高かったので、   14日にボゴタに着いても、運が良ければ第1レグを取材できる。   そう思い、14日着の21日発で1週間前にエアーチケットを購入した。...

コロンビア行き

あるテレビ局の仕事でコロンビアに行くかもしれない。   もちろん、W杯の日本対コロンビアに関連してのことだ。   テレビ局はペケルマン監督のインタビューを行いたいが、コンタクト先がわからない。   そこで、何度もコロンビアでサッカー取材をし、ペケルマンとも面識があるホルヘに白羽の矢が立った。   美味しい仕事だと思って引き受けたものの、これが一筋縄ではいかない。   まず大誤算だったのは、ペケルマ...

南米の危険なタクシー

帰国したホルヘは、暮れの27日に恒例のフットサル大会copa de gol.に参加した。   元や現役のJリーガー、Fリーガーも多数加わって蹴り納めを楽しんだ。   前回は2得点を挙げたホルヘだが、今回はまるで動けず。   「坂を転がるように」という言葉があるが、50歳を過ぎてから、体力の衰えはまさにその通りになっている。   唯一の見せ場は、GKでの顔面セーブ。   終了間際のラストプレーで、至...

W杯抽選会

以前にも書いたがコロンビア代表監督のペケルマンが、ホルヘの家に来たことがある。 約3年前のことで、当時はどこの監督もしていなかった。 インタビューを申し込んだら快諾してくれ、ホルヘの家で行うことになった。 彼は非常に温厚な人物で、質問にも丁寧に答えてくれた。 つい2カ月ほど前にもメールでやりとりし、「W杯出場できることを祈ります」との言葉を送った。 これは社交辞令ではなく、ホルヘがペケル...