article placeholder

帝京長岡高校潜入レポート・後編

前回の続編として日本屈指の豪雪地帯にある   帝京長岡高校に「Foot!」のロケ取材で行った際の   練習レポート後編をお届けします。       練習していると普通に雪が降ってくるわけです。   しかも吹雪。   それでも選手たちが全然意に介さずです。   我々スタッフはもう寒い寒い!         ほぼほぼ同じカットで1時間の経過を見ると、   もううっすら積もっているのが   お分かりいただけると思います。...
article placeholder

帝京長岡高校潜入レポート前編

先日、ここでも話題として取り上げさせていただいた   帝京長岡高校に「Foot!」のロケ取材で行ってきました!   完全に私の持ち込み企画でしたが、   スタッフも快く受け入れてくれて実現したという感じです。       まず、長岡駅に降り立ったわけですが、   目の前に現れた雪景色は想像以上。   我々が駅前を撮影している時には運良く   それほど激しく降るような感じではなかったとはいえ、   この積もりようですか...
article placeholder

国立でのラストダンス

史上初の雪による中止・順延となった   第91回高校サッカー選手権大会の決勝。   私も当日はワクワクした気持ちを抑えきれずに到着した   都営大江戸線の国立競技場駅で中止を知りました。       正直、僕が高校3年時だった第76回大会決勝の東福岡対帝京や、   故・平木隆三氏が「マジェール!!!!」と絶叫した   トヨタカップのポルト対ペニャロールなど、   “雪の国立”の記憶もあったので、中止になるという発想は...
article placeholder

雪国からの新風

土曜日に聖地・国立競技場で準決勝が行われる   全国高校サッカー選手権大会、“センシュケン”。   残すは4チームとなりましたが、   既に夢の舞台を去っていったチームの中にも   非常に魅力的なチームが数多くありました。       その中でも、新潟県勢として28年ぶりのベスト8進出を果たし、   その記録はもちろんのこと、自ら掲げる「見ていて楽しいサッカー」を   全国のサッカーファンに披露してくれた帝京長岡高校...
article placeholder

年末に思うこと

今年も数々の“現場”に足を運び、   数々の素敵なチームに出会い、   数々の素敵なゲームに立ち会うことができました。       例えば高校生のゲーム、   例えば大学生のゲーム、   例えばJリーグのゲーム。       どの“現場”にも素晴らしい何かが散りばめられていて、   どの“現場”でも素晴らしい何かを得ることができました。       僕は、カテゴリーが違っても、   いわゆる技巧のレベルが違っても、 ...
article placeholder

運命の分かれ道・事後報告

先週ご紹介したJFL入れ替え戦に行ってきました。   会場は栃木市総合運動公園陸上競技場。   池袋から少しリッチ感漂う“特急スペーシアきぬがわ”に乗って、   のどかな車窓を横目で見ながら約1時間。   決戦の地は栃木市内の中心に近い、静かな場所にありました。       栃木ウーヴァFCとノルブリッツ北海道の一戦。   同じ会場で行われた先週の第1戦に敗れた栃木ウーヴァは   レギュレーション上、引き分けも許され...
article placeholder

運命の分かれ道

日曜日に栃木市総合運動公園陸上競技場で行われる、   激戦必至の1試合の存在をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?       JFL入れ替え戦第2戦。   この1試合で来シーズンをJFLで戦うのか、   それとも地域リーグで戦うのかの最終審判が下されるわけです。       JFL17位で入れ替え戦に回ったのは   栃木市に本拠地を置く栃木ウーヴァFC。   “ウーヴァ”というのはポルトガル語でぶどうの意味。   ...
article placeholder

ある日本人の晴れ舞台

いよいよ今日から開幕するFIFAクラブワールドカップ。   大会初日となる1回戦にはJリーグ王者の   サンフレッチェ広島が登場しますが、   実はその対戦相手となるニュージーランドのオークランド・シティに   岩田卓也という日本人選手がいるのをご存知でしょうか?       1983年4月22日生まれの29歳。   高校は岐阜の名門・岐阜工業で、   同級生には2012シーズンのヴァンフォーレ甲府で   プレーして...
article placeholder

"4分の2"へのファイナルバトル

いよいよ1試合を残すのみとなった2012年のJ1リーグ。 前節でサンフレッチェ広島が初優勝を決め、 就任1年目の森保一監督がビッグアーチの空に舞いました。 そんな歓喜とは対照的なのが、 こちらも熾烈を極めている残留争い。 17位のアルビレックス新潟が37ポイント、 16位のガンバ大阪が38ポイント、 15位のヴィッセル神戸が39ポイント、 そして14位のセレッソ大阪が41ポイント。 4ポイント差の中...
article placeholder

"4分の2"へのファイナルバトル

いよいよ1試合を残すのみとなった2012年のJ1リーグ。 前節でサンフレッチェ広島が初優勝を決め、 就任1年目の森保一監督がビッグアーチの空に舞いました。 そんな歓喜とは対照的なのが、 こちらも熾烈を極めている残留争い。 17位のアルビレックス新潟が37ポイント、 16位のガンバ大阪が38ポイント、 15位のヴィッセル神戸が39ポイント、 そして14位のセレッソ大阪が41ポイント。 4ポイント差の中...